産後の抜け毛による女性の薄毛

産後の抜け毛による女性の薄毛は、かなり多くの人が体験する問題です。

個人差にもよりますが、産後2ヶ月を過ぎた頃から始まり、産後6ヶ月を過ぎるまで続くことが多いようです。

この事実を知らず、禿げてしまうのではと心配する女性も多いようですが、一般的には一時的なもので、あまり心配はいりません。

 

頭髪は、全体的に薄くなる場合と、一部分だけごっそり抜けてしまう場合があるようです。

全ての人が抜け毛に悩まされるわけではありませんが、出産を控えている女性は、髪を伸ばしておいた方がよいかもしれません。

髪の毛を洗った後に乾かすのに多少時間がかかるかもしれませんが、ヘアスタイルがまとまらなくても、髪をまとめてお団子などにしてしまえばいいので、妊娠中に体調がすぐれないときの身だしなみとしては楽ができます。

また、産後に一部の抜け毛がひどいような場合は、髪の毛が長ければ、他の部分の髪の毛でカバーして、薄い部分を隠すことができます。

 

産後に頭髪が薄くなってしまった場合、長い髪や帽子などでカバーして様子をみていると、また問題なく生えてくることが多いようです。

半年を過ぎても薄毛が全く改善されないような場合は、薄毛専門の医師に相談してみるとよいでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ