女性も遺伝的な要因で薄毛になる

髪は女の命と昔からよく言われています。

平安時代では髪の美しさで美人か否かが決まったとも言われ、女官が総出で姫君の髪の手入れにあたったとも言われています。

 

現代でも髪型や髪のキューティクルなどでその人の魅力は左右すると言われています。

そのため女性は足しげく美容院に通い髪を綺麗に整えるのです。

しかし女性の中には遺伝的な要因で若くして薄毛の人もいるのです。

 

こうした女性は髪に対しコンプレックスを持ち、自信を失う傾向にあり、恋愛などがうまくできなくなる人もいます。

どの女性もが適正な女性ホルモンが存在するわけではなく、遺伝的にエストロゲンよりもテストステロンという男性ホルモンが多い人も存在するのです。

しかし何も悲観することはありません。

 

現代は内科などでAGA治療を受けることができます。プ

ロペシアというホルモン薬の処方箋を書いてもらい、それを服用するだけで育毛や発毛が見られるのです。

この薬物治療で約9割の人に発毛や育毛が見られ、薄毛の人にとって画期的な治療薬となっています。

 

またこうした薬物の服用が怖い場合は、ウィッグやかつらなどといった方法もあります。

もはやウィッグなどは手軽に着脱できファッション性の高いものとして若い人にも受け入れており、装着することに抵抗感をもつ必要もありません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ